教則DVDメーカー パオラ | 教則DVDメーカー パオラ(Paola)のオフィシャル・ホームページです

ハイハット演奏法

インストラクター:小宮 勝昭

ハイハット演奏法

インストラクター:小宮 勝昭

付属マルチメディア・ファイルのご利用方法

ハイハットの演奏法を深く掘り下げて徹底的に解説したDVD

ドラムの魅力をアイテム単位で深く掘り下げる新シリーズ。冒頭でインストラクターは「ハイハットはドラムセットの中で唯一、音の長さをドラマー自らがコントロールでき、タイム・キープだけではなくリズムのグルーヴを創りだすことができる」と述べています。その言葉に象徴されるように、ハイハットはドラム・プレイの表現を豊かにするキー・アイテムです。このDVDはそんなハイハットの演奏法を深く掘り下げて徹底的に解説した他に類を見ないDVDです。ハイハットの基本的な演奏法はもちろんのこと、ほとんどの教則で割愛されているペダル・アクションのコツや細かいニュアンスの話、さらにはハイハットの傑作フレーズなど、ありとあらゆるハイハットにまつわるトピックをトークとエクササイズを交えて進行します。

またハイハットの完全なセットアップ法も収録し楽器構造の正しい知識も得られます。インストラクターには小宮 勝昭氏を起用。膨大な知識と見識の上に成り立つ演奏理論を展開します。ドラム初心者から中級者まで、ハイハット愛溢れる内容で多くのドラマーの方々にご活用いただけます。

 

【EPUB】について APPLE社 iPad または iPhone で、動画と楽譜をEPUB形式の電子書籍として表示する事ができます(iBook使用)。

■ISBN:978-4-904408-33-9

■JAN:4-582292-590330

■仕様:DVD-Video 約58min.

■品番:PMD-011

■価格:3,000円(税抜)

 

全国有名楽器店、全国有名書店、Amazon.co.jpにてお求め頂けます

●「本編トーク」

●エクササイズ

●本編トーク

●本編トーク

●セッティング

●セッティング

●楽譜、テキスト、動画はiBooks(iPad/iPhone/Macintosh)で再生可能。全編を映像で再生するVideo Styleでの表示

CONTENTS

■音色1 クローズ

◎リバウンドについて〜アップ・ダウン(ダウン・アップ)

◎叩く場所(エッジ/シンバル面/カップ)

◎スティックのどこを使うか(ショルダー/チップ)

◎足のプレスによる音色のバリエーション

■音色2 オープン

◎タイミング

◎ヒール・ダウン

◎ヒール・アップ

◎オープン+バス・ドラム Ex-01

◎オープン+スネア・ドラム Ex-02

◎オープンをバス・ドラムで切る Ex-03

◎オープンをスネア・ドラムで切る Ex-04

◎16分ウラのタイミングでオープン1 Ex-05

◎16分ウラのタイミングでオープン2 Ex-06

◎叩く場所による違い

■音色3 ハーフ・オープン

◎音色とボリューム

◎番外“ヒール・アップ"の意味

■音色4 踏み音

◎ヒール&トウ(ウラで音を出す) Ex-07

◎ヒール&トウ(アタマで音を出す) Ex-08

◎ヒール・アップ Ex-09

◎ゴースト・モーションを組み合わせたヒール・アップ Ex-10

◎ゴースト・モーションについて

◎フット・クラッシュ(フット・スプラッシュ)

■音色5 アクセントについて

◎フル/ダウン/タップ/アップ・ストローク

◎アクセント移動 Ex-11

◎2打のアクセント移動 Ex-12

◎ダブル・ストロークを織り交ぜて Ex-13

■音色6 ウネりと訛り

◎“握らない"グリップでリラックスした動き

◎8分音符のウネり

◎16分音符のウネり

■グルーヴ1 8ビート

◎音のイメージと音量バランス

◎アップ・ダウン(ダウン・アップ)で刻む Ex-14

◎イーヴンで刻む Ex-15

◎リンゴ・スターっぽい刻み Ex-16

◎チャーリー・ワッツっぽい2拍4拍ヌキ Ex-17

◎“ロックンロール"8分同時叩き Ex-18

◎ウラ打ち Ex-19

■グルーヴ2 16ビート

◎両手16分 Ex-20

◎片手16分 Ex-21

◎ゴースト・ノートを絡めたファンク Ex-22

◎チッチキ Ex-23

◎チキチー Ex-24

■グルーヴ3 シャッフル

◎エッジだけを叩くシャッフル

◎エッジ&シンバル面を叩くシャッフル

◎ハイハットで刻むシャッフル Ex-25

◎ハイハット4分&スネア・ドラムでシャッフル Ex-26

◎シャッフルを刻まないシャッフル Ex-27

◎ハーフタイム・シャッフル Ex-28

■グルーヴ4 いろいろ

◎12/8 Ex-29

◎4つ打 Ex-30

◎ボンゾっぽいリズム・パターン Ex-31

◎鉄板フレーズ“タチーチー" Ex-32

■新しいアイディア

◎16"EFXハイハットを使っての音色とグルーヴ

◎16"EFXハイハット+タンバリン(小/大)

◎16"EFXハイハット+セミーヤ(ジャラジャラ)

◎16"EFXハイハット+ワイヤー・ブラシ

◎16"EFXハイハット+ブラスティック

◎16"EFXハイハット+ブルームスティック

 

【巻末収録】ハイハットのセットアップ

◎ハイハット・スタンドの組み立て

◎クラッチのセッティングと種類

◎セッティングする場所(位置)

◎脚の開き具合

◎ハイハットの高さ

◎上(トップ)と下(ボトム)の開き幅

◎バネの調整

◎クラッチのネジの向き

◎ボトム・シンバルの傾き

◎ハイハットの使い分け

小宮 勝昭(こみやかつあき)

プロフィール

ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリンを聴いて音楽に目覚め、ドラムを始める。大学卒業後つのだ☆ひろ氏に師事、独自のグルーヴ理論を学ぶ。1994年からリズム&ドラム・マガジン編集部に所属、2001年1月〜2012年3月までの11年と3ヵ月、同誌編集長を務める。現在は演奏者として、ドラム・セットのみならず、ジェンベ、コンガ、ブガラブー、カホンなど、民族打楽器も駆使する独自のスタイルを形成。自身のユニット“かんぱち"(http://can8.net)の他、歌モノからロック、ジャズ、果ては即興演奏まで、さまざまなフィールドで活動中。2012年に一風変わったドラム本『ドラムで一番大切な“グルーヴ"と“音色"を体得する本』(リットーミュージック刊)を発表。

●文字、映像、図表をページ単位で表示するBook Styleでの表示

●楽譜はPDFでも表示が可能

iPadでPDFファイルを表示したところ

(c)2015 Paola Corporation.All Rights Reserved.